より上へチャレンジすることの大事さ。

投稿者: | 2017年12月20日

プロ野球日本ハムの大谷選手は、大リーグへ挑戦することを選択しました。
二刀流。バッターとピッチャーでのチャレンジ。
ファンからすると、もう楽しみでしようがない。
大リーグでも充分通用する才能です。
いつの日か、バッターでもピッチャーでも規定数をクリアして、両方でタイトル争いする選手になってほしいと強く思います。

サッカーの香川選手。
ドイツ一部リーグのドルトムントで主力だった彼は、マンチェスターユナイテッドという超ビッグクラブへの移籍を実現させました。
香川選手は、ドルトムントや日本代表で類まれな活躍をすることによって、そのチャンスを掴みました。
残念ながらそこでは満足行く活躍はできませんでしたが、そのチャレンジは本当に素晴らしいものでした。

サッカーでいえば、他にも本田選手や長友選手も、イタリアセリエAのトップチームへ移籍しました。
彼らもそれぞれのクラブチームや日本代表の試合で目まぐるしい活躍をすることによってそのチャンスを掴みました。

仕事で活躍することによって、より高いレベルへチャレンジするチャンスが出てくる。
それはもう、一生のうちに一度来るか来ないかのチャンスです。
賛否両論あるかもしれませんが、私はそのチャンスにはどんどん乗っかっていくべきだと考える人間です。

人生は一度きり。
目の前に、より高い、より厳しいチャレンジに挑戦できる機会があるのなら、もう乗っかるべき。
仮に失敗するかもしれませんが、失敗は成功の母。
それは間違いなく人生の糧として残っていきます。
そしてそれが次のチャレンジへと導く糧になります。

年齢を重ねていくと守るべきものが多くなるのも事実です。
でも、チャレンジする精神は忘れたくないな、とやはり思ってしまいます。
人間いつ死ぬかわかりません。
生きているその瞬間瞬間をいかに楽しむか?
これは人生における重要なテーマです。

大谷選手のように才能豊かな選手が、より高みを目指してチャレンジしていく姿は、見ていて本当に清々しいです。
成功しようが失敗しようが、とにかく頑張ってほしいな、と強く思います。
と同時に、自分自身もそのチャレンジ精神を失うことなく持っていたいと心の奥底に決心した次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です