アセトアミノフェンの原薬メーカー山本化学工業が不正。許しがたい行為に憤りを覚える。

投稿者: | 2017年6月22日

解熱鎮痛剤アセトアミノフェンの原薬製造で国内最大手の山本化学工業が、許しがたい不正を働いていたことが判明しました。
自社で製造したアセトアミノフェンに、中国製の安価なアセトアミノフェンを無届けで混ぜて生産量を水増しし、製薬会社へ出荷していたのです。
明らかな法律違反。
指導権限をもつ和歌山県が近く処分するとのことです。

ある調査によると、この山本化学工業はアセトアミノフェンの国内シェアの約80%を占めているとされています。
アセトアミノフェンは、医療用医薬品のほか市販薬として広く使用されている成分です。
今後の混乱は必至の状況。
医療現場への影響を考えると、この不正は非常に許しがたい。
憤りしか覚えません。

報道によれば、厚労省がこの不正に混入したアセトアミノフェンを持ち帰って分析したが、品質面では特に問題はなかった、とのこと。
また、山本化学が製造したアセトアミノフェンにおいて副作用の状況を調べたところ、特に目立った差異は見つかっていないとのことなので、安全性については問題はなさそう。
だからと言って、この不正が許される事にはなりません。

いつ、誰が、なぜこのような不正を働く事になったのか、徹底的な調査を行なって欲しいと思います。
また、市場シェア80%を持つことから、アセトアミノフェンを使用している医療現場に影響が及ぶことは必至の状況です。
この混乱を最小限に抑えるため、厚労省などの行政機関の的確かつスピーディーな対応を期待したいと思います。

人間の健康、命に直結する医薬品。
それを製造、販売する企業は、より高いモラルを求められます。
有効性、安全性の担保は当然の事。
それらの蓄積が、医薬品に対する国民からの信頼性を生み出します。
こういう事件は、その医薬品の信頼性を毀損する由々しき事態。
山本化学工業には、厳正なる処分を求めたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です