トクホ『特定保健用食品』は本当に効くの?トクホで得られる本当の効果とは?

投稿者: | 2017年1月23日

最近「トクホ」製品をよく見かけるようになりました。
飲み物で言えば、緑茶に始まり、コーヒーからコーラまで多種多様。
健康にいい、ということで、若干値段は高くてもついつい買ってしまいます。
そもそも、この「トクホ」とは何なのか、少し調べてみました。

特定保健用食品「トクホ」とは?

定義をそのまま写すと、「許可等を受けて、食生活において特定の保健の目的で摂取をする者に対し、その摂取により当該保健の目的が期待できる旨の表示をする食品」とされています。
消費者庁が主管となります。
意味を訳してみると、からだの生理的機能に影響を与える成分を含んでおり、特定の有効性・効果があることが、科学的根拠のもとに国から審査を受けているものです。
たとえば、「食後の血糖値の上昇を緩やかにする」などの有効性や効果が、科学的根拠(データ)をもとに認められている製品ということですね。

保険機能食品の主な成分

・お腹の調子を整える
成分例:オリゴ糖、乳酸菌類、食物繊維類、その他
・コレステロールが高めの方に適する
成分例:キトサン、サイリウム種皮由来の食物繊維、大豆たん白質
・食後の血糖値の上昇を緩やかにする
成分例:難消化性デキストリン、L-アラビノース、難消化性再結晶アミロース、グァバ葉ポリフェノール、豆鼓エキス
・血圧が高めの方に適する
成分例:ラクトトリペプチド、サーデンペプチド、ゴマペプチド、杜仲葉配糖体、かつお節オリゴペプチド、燕龍茶フラボノイド
・歯の健康維持に役立つ
成分例:キシリトール、フクロノリ抽出物、リン酸一水素カルシウム、リン酸化オリゴ糖カルシウム、CPP-ACP
・食後の血中中性脂肪が上昇しにくいまたは身体に脂肪がつきにくい
成分例:コーヒー豆マンノオリゴ糖、ケルセチン配糖体、ウーロン茶重合ポリフェノール、難消化性デキストリン、ドコサヘキサエン酸、エイコサペンタエン酸、中鎖脂肪酸
・カルシウム等の吸収を高める
成分例:カゼインホスホペプチド
・骨の健康維持に役立つ
成分例:大豆イソフラボン、炭酸カルシウム、ビタミンK2

「トクホ」は補助。まずあなたのライフスタイルを見直そう

トクホの商品には「食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。」という文言の表示が義務付けられています。
まずは日常の食生活を見直し、バランスのとれた食事をとることが何よりも大切なことです。
トクホは医薬品ではありません。多量に摂取することによって病気が治るわけではありません。
トクホは疾病を治療・予防する補助的な役割でしかないのです。
本当の効果を得られるためには、まず自分のライフスタイルを積極的に変えていく努力が必要ということです。
トクホで得られる本当の効果とは、自分を見直し、新しいライフスタイルを得ることです。
トクホの摂取をきっかけに、あなたのライフスタイルを見直してみてはいかがでしょうか。

More from my site

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です