上段の構えで四段に合格。また新たな目標ができた。

投稿者: | 2017年11月18日

長いチャレンジがひとつの区切りを迎えました。
本日行われた剣道の昇段審査会において、上段の構えで四段に合格しました。

敢えて、難しいといわれている上段の構えにこだわってきました。
多少時間はかかりましたが、修練が身を結び、この日を迎えることができました。

合格の要因はいくつかあると思いますが、今回こだわったのはふたつ。
とにかく前に出て圧力をかけ続けることと、片手コテをしっかりと打ち込むこと。
この二点が今日はうまく機能しました。

前に出て相手にじわじわと圧力をかけると、自然と相手の手元が上がります。
そのタイミングで片手コテを打ち込む。
コテが決まると、今度は面が綺麗に決まるようになります。
いい循環の中で、実技を終えることができました。

四段合格は、自分の上段の構えが一定の評価を得られた証。
これからも自信を持って上段の修練に励んでいきたいと思います。

今後の新しい目標が決まりました。
上段で五段合格。
順調に行けば、挑戦は五年後になります。48歳の時です。
それにチャレンジできる肉体と精神を持ち続けたい。
そう新たに決意した次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です