交通事故死亡者の4倍!年間1万7000人が亡くなる『ヒートショック』に気をつけよう

投稿者: | 2017年1月2日

『ヒートショック』とは?

「ヒートショック」という言葉を聞いたことのある人は多いかもしれません。
この冬場になると、メディアでもたびたび耳にする言葉です。
ヒートショックとは、急激な温度変化が原因で生じる身体変化のことです。
家庭内で高齢者が死亡する原因に関係しており、早急な対策が必要となります。

『ヒートショック』がもたらす身体的影響

ヒートショックとは、暖かい部屋から寒い部屋への移動などによる急激な温度の変化によって、血圧が上昇したり下降したりすることで起こる身体変化のことです。
心筋梗塞、脳梗塞を起こしたり、入浴時に血圧が急激に低下して失神し、溺れてしまうケースもヒートショックに当てはまります。
特に外気温が低くなる冬場にかけてヒートショック関連死は最も高くなります。
暖房をしていない脱衣所や浴室で衣服を脱ぐことで、寒冷刺激によって血圧が急激に上がります。
しかし、湯船につかっていると温熱効果で血流が良くなるため、急激に血圧が低下します。
そして、温まった身体で寒い脱衣所に戻ると、再び血圧が上昇します。
この血圧の変化がヒートショックを引き起こす要因となります。

『ヒートショック』による死者は年間1万7000人!

東京都健康長寿医療センター研究所がおこなった調査では、2011年に全国で約1万7000人もの人々がヒートショックに関連した入浴中急死にいたった、と推計されました。
交通事故による死亡者数の4倍以上であり、そのうち高齢者は1万4000人にもおよびます。

『ヒートショック』の影響を受けやすい人

以下に当てはまる人は、ヒートショックの影響を受けやすいため、特に注意が必要です。
・高齢者
・高血圧・糖尿病・動脈硬化の患者
・不整脈患者
高齢者は血圧変化をきたしやすく、また体温を維持する生理機能も低下しています。
高血圧の人は、血圧の急激な変化に伴って低血圧を起こしやすいため、失神しやすいとされています。
糖尿病や動脈硬化を患っている人も、血圧のスムーズな維持が難しくなっているため、脳梗塞・心筋梗塞などの重大疾患を発症しやすい状態となっています。
また、飲酒後に入浴をする人、熱い湯を好む人もヒートショックの影響を受けやすいといわれています。

『ヒートショック』を予防する7つの対策

ヒートショックの予防には、急激な温度差をなくすことが重要です。
1.脱衣所やトイレに暖房器具を設置
ハロゲンヒーターのように、スイッチを入れてすぐあたたかくなる暖房器具が最適です。
2.浴室をあたためておく
あらかじめ浴そうのふたを開けておいたり、シャワーを活用してお湯張りをしたりすることで浴室をあたためておきましょう。
3.お湯の温度を38~41度に設定
入浴後の体温と浴室・脱衣所との温度差が大きくなるため、温度差を小さくするためにもお湯の温度は41度以下に設定しておくことがおすすめです。
4.飲酒後の入浴はしない
食事・飲酒の前に入るよう心がけ、もし食後・飲酒後に入浴する場合は時間を置くようにしましょう。
5.夕食前・日没前に入浴する
6.家族がいるときに入浴する
家族がいる時間に入浴するようにしましょう。
7.入浴前後にコップ1杯の水を飲む
入浴中にかく汗の量は500~800mlともいわれています。十分な水分を取って入浴しましょう。
温度差を極力少なくすることが最大のポイントとなります。
冬場は特に気を付けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です