剣道の奥深さ。深すぎて面白すぎる。

投稿者: | 2018年1月14日

今日は我が剣友会の稽古初め。
個人的には約1ヶ月ぶりの稽古となりました。

剣道の稽古が待ち遠しくて仕方がなかった。
早く稽古をしたかった。
今日はその思いをぶつけるように、楽しく、そして熱く稽古することができました。

ただ単に健康のために身体を動かす、というのも剣道をやるひとつの動機です。
でもそこから始まって、より強くなりたいと思った時から、違うステージに入っていきます。

剣道は基本的に一対一の世界。本当に奥が深い。

お互いの間合い。
これがものをいう世界です。

この間合いが、本当に奥深いのです。
そこを探求していくのが剣道といっても過言ではありません。
この奥深さが、人を虜にさせてしまいます。

最初は自分の健康を保つ運動のために始めた剣道。
そのうち、勝負以外のところで、お互いの間合いをはかる世界に没入していきました。
そうなってしまうと、答えのない探求の世界。
これが人を虜にさせてしまうのです。

剣道に出会えてよかったな。
心からそう思います。
そして、剣道を通じて自分をより高めていきたい、と強く思うのです。

剣道の奥深さは計り知れないです。
体力、技術の問題は二の次。
まずは相手との間合い。
これが勝負を決します。

ビジネスでも通じるところがあります。
相手と相対して感じるオーラ。
これは剣道と全く同じことです。
勝負はそこで決まっているのです。

剣道の奥深さ。
これを人生をかけて探求していきたい。
今年の初稽古を終えて新たに決意した次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です