大動脈解離が教えてくれた人生の楽しみ方。

投稿者: | 2017年11月14日

昨日から今日にかけて関西方面への出張。
現地の担当者とともに、多くのお客さんに会いました。
厳しいことを言われることもあります。
でも人と会ってコミュニケーションをとること自体は、仕事であれプライベートであれ、楽しさがあるものです。
出会ったお客さんとのビジネスが軌道に乗るかどうかは別として、こういう楽しさを感じられる仕事ができていることに、この上ない幸せを感じます。

大動脈解離を経験して、自分自身の人生の楽しみ方に大きな変化があったように思います。
楽しみを感じるハードルが下がった感じ。
何気ない人生の一コマに楽しさを見出せるようになりました。

季節の変化。
空気のにおい。
移動中の乗り物の車窓から見える景色。
あまり笑わない人が見せる笑顔。

今までになかった感性が自分の中に宿り始めているようです。
これを「老化」というひともいるかもしれません。
でもそれはそれでいいことだと思っています。

やりたいことが沢山ある。
やるべきことも沢山ある。
それにチャレンジできる体力と気力がある。
こういう状態の時は何をやっていても楽しいものです。

これから先も、この楽しみをずっと味わえる人間でありたい。
その基礎となるのは、健康です。
常に健康であり続けられるよう、食事運動に気を使うこと。
そう心に誓ったのでした。

今日の仕事の終了は、兵庫県の姫路市。
すでに日が暮れていましたが、運のいいことに姫路城がきれいにライトアップされていました。
身体の疲れがスッと消えていく感覚。
これもまた人生の楽しみのひとつです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です