大動脈解離を再発させない。そのための運動との向き合い方。

投稿者: | 2017年10月27日

ウォーキング。ランニング。剣道。
私が定期的に行なっている運動です。

ウォーキングはほぼ毎日。
1日1万歩が基本です。
通勤ウォーキングをやっていた頃は、1日1万5千歩くらいが普通でしたが、最近はクルマ通勤が増え、意識しないと1万歩はなかなか難しくなってきました。
でも、ウォーキングをしっかり行う事が、今は生活の一部となっています。

ランニングは週末に行います。
1キロ7分ペースを基本にした超スロージョグです。
心拍数を一定に保ち、息が上がりきらないところが目安。
5ー10キロを、時間をかけて走ります。

剣道は土曜日のみ。
高校時代まではハードな稽古をやっていましたが、最近の稽古は楽しくやるのが基本。
息も絶え絶えになるような激しい稽古は一切ありません。
無理せず楽せず、というところがちょうどいいようです。

 

大動脈解離を治療した後は、再発の懸念がどうしても付きまといます。
血圧を上げすぎることは、再発の危険性を高める主要な原因のひとつです。
息のあがる運動は、血圧を高めることになるので十分な注意が必要です。

しかし、血圧が上がるのが怖いからといって一切運動をしない、という事にはなりません。
適度に運動し、しっかりと食事を取って、健康的な毎日を過ごすこと。
これが大動脈解離解離の再発を予防する一番の方法だと思っています。

もちろん、人それぞれ状態が違いますから、一概にどれが一番正しいとはいえません。
でも大事なことは、自分にとって一番最適な運動を、生活習慣としてしっかりと根付かせること。

そして、積極的かつ前向きに生きていくこと。

全てがうまくいくことはありません。
むしろ、うまくいかないことの方が多かったりするものです。
でも、それを反省し、うまくできなかった自分を許すこと。

そういう私もうまくいかないことばかり。
時にそんな自分を許せない時もありますが。

自分の身体にあった最適な運動方法を見つけて、生活習慣として根付かせること。
大動脈解離の再発を予防する重要なポイントのひとつです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です