大相撲五月場所が千秋楽。白鵬優勝と高安の大関昇進で幕をおろす。いつもの両国が戻ってくる。

投稿者: | 2017年5月28日

通勤ウォーキングやランニングコースには両国国技館があります。
年三回の本場所の時には、毎日がお祭りのように盛り上がります。

朝早くから当日券を求めるお客さんが、正門前のチケット売り場に長い列を作ります。
やがて、国技館前に建てられている櫓の上から、始まりを告げる太鼓が軽快に打ち鳴らされます。
本場所ならではの風景。
歴史と伝統を感じられる瞬間でもあります。

今日は、その千秋楽。
優勝パレードが終わったところを子供とランニング。
まだ街にはソワソワ感が残ります。

その国技館の横を抜け、両国橋を渡ってすぐ右へ入り、隅田川のテラスを浅草に向けて走ります。

スカイツリーがきれいに光り輝きます。
その景色を見ながら、川の水の湿っぽい空気を吸い込みつつ、浅草手前の吾妻橋へ。

そこからスカイツリーを目指しつつ、自宅前でゴール。
いつ走っても飽きない、ステキなランニングコースです。

相撲も終わり、いつもの両国が戻ってきます。
わたしも明日からの日常に戻るべく、心と身体を準備したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です