常に考え動き続けること。いい時こそ次の一手を打っていきたい。

投稿者: | 2017年6月8日

今日は札幌から東京へ帰る飛行機の中でこのブログを書いています。
今日の朝は、札幌はあいにくの雨模様。
空気もひんやり。
気温については、東京とは一ヶ月ほどの違いがある感じがします。
肌寒さがむしろ心地よくも感じられます。

そんな異国情緒に触れるのはその瞬間だけ。
仕事が始まるとそんなことは一切感じられる余裕が無くなります。
ただ、今日の仕事はすこぶる順調。
得意先をいくつか回ったのですが、いい形で仕事が進展していきそうな案件もあり、いい気分のうちに今日の仕事は終了したのでした。

いつも感じるのは、いいときは本当にいいことが続くし、悪いときも同様に悪いことが続いたりします。
そうやって人生はバランスが取られているのだな、と思います。
きっと今日の仕事も瞬間的には良かったけれど、今後のやり方を誤れば悪い循環を生み出すことにつながったりします。

人間万事塞翁が馬です。
この原理原則は決して変わることはありません。
その瞬間を一喜一憂することなく、何事も継続していくことが大事。
常に考え行動する習慣を身につけていきたいものです。

今日は新千歳空港に移動して、フードコートで松尾ジンギスカンのジンギスカン丼を堪能。
独特のマトンの匂いが今でも口の中に広がっています。
チョットだけ観光的要素を感じられた今回の出張でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です