救命のために土俵に上がった女性への対応について感じたこと。

投稿者: | 2018年4月7日

京都府舞鶴市での大相撲の春巡業。
舞鶴市の多々見市長が、土俵上での挨拶中にクモ膜下出血で倒れました。
救命のため、看護師資格を持つ女性がとっさの判断で土俵に上がりました。
その時、女性は土俵から降りるように、との相撲協会からの館内放送。
そのことに批判が集まっています。
相撲協会は、いち早くそのことを陳謝しました。

一方で、大相撲関係者や一部の根強い相撲ファンにとって、女性が土俵に上がることへの拒絶感は相当なものがあるはずです。
伝統を愛する気持ち。
それもまたやはり大事なものです。

大相撲の伝統として、女人禁制である土俵に女性を上げさせまいとした行事の対応。
きっとその行事は、義務感の発露としてそれを行ったのでしょう。
そこに批判が集まっていますが、それを行ったことには理解を示さねばなりません。

でもあの女性の判断。
人命を守りたいという気持ちの発露として、勇気をもって土俵に上がったこと。
その行動力には、清々しさすら覚えます。
人として本当に素晴らしい方なのだということが容易に想像できます。

伝統と人命。
どちらに重きを置くか?
それを強く考えさせられる出来事でした。

守るべきものと、本当に守るべきもの。
そのとっさの判断は難しいものです。
ただ今回は、女性の適切な初動対応によって、市長が一命を取り留めたという事実。
それがきっと答えなのです。

そして助けられた市長さん。本当に強運の持ち主です。

なんとなく私と似たような運命を感じたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です