最高の大動脈解離予防になる。通勤ウォーキングのススメ。

投稿者: | 2017年10月2日

今日は久しぶりの通勤ウォーキング。
一日中会社での内勤予定だったので、クルマに乗らずに会社まで歩きました。

外回りの営業に異動して、約半年が経過しました。
営業車を与えられ、今まで徒歩中心の生活から、クルマ中心の生活に変わっていきました。
クルマは外回りの仕事をするには不可欠です。
移動も早く、仕事の効率を考えると手放せないインフラのひとつです。

でもその欠点は、運動不足に拍車をかけてしまうことです。
内勤の頃は、毎日の通勤ウォーキングでしっかりとカロリー消費をしていたのですが、外勤に移ってからはそれが上手くいかないようになりました。
自然と身体が鈍ってきてしまいます。
それがなんとも気持ち悪い。

意識的に歩くようにしていますが、どうしても満足のいく運動が得られません。
生活のリズムが不健康な方向へ移行していってしまっています。

このあたりで、生活習慣の大幅な変更を加えなければなりません。
いい習慣はなかなか身につきませんが、悪い習慣はあっという間に身についてしまうもの。
この流れを断ち切る必要が出てきます。

今日は朝から重たいカバンを手に持ち、ひたすら歩きました。
久しぶりの通勤ウォーキングで、血沸き肉踊る感覚が蘇ります。
やはり気持ちがいい、のひとこと。

通勤ウォーキングは、大動脈解離再発の予防の切り札です。
自分の身体にとって、悪いことがひとつもない。
できうる限り、この通勤ウォーキングができる時間を設けたいと思います。

より健康な身体を保つため、剣道でキレのある動きを取り戻すため、おいしいお酒を飲むため、そしてなにより大動脈解離を予防するため、通勤ウォーキングを今後も実践していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です