真っ白なノートを前にして思うこと。

投稿者: | 2018年1月19日

このブログを書く時、当たり前ですが目の前に真っ白なノートがあります。
なんの文字もない真っ白なノート。
その真っ白なノートに、ひとつずつ文字を埋めていきます。
その積み重ねとして、ひとつの記事が生まれます。

このブログを書く時はいつも、今日はどんなことを書こうか、と迷います。
日頃の生活の中で思いついたことをメモし、記事のタネを収穫する作業。
でも、なかなか思い浮かばないこともしばしばです。

でもふと気付きました。
この真っ白なノートに一文字ずつ文字を埋めていき、最終的にひとつの文章を作り上げること。
これは、言い換えれば「無」から「有」を生み出す作業に他なりません。

そして、その生み出された記事になんらかの価値があるのならば、それは「資産」となります。
さらに、その内容が人々へ与えるインパクトの度合によって、その資産の「価値」が決まってくるのです。

そう、このブログを書くことは、かっこよく言うと「資産」を生み出しているのと同じなのです。
そう思うと、この上ないロマンを感じます。
そして、このブログを書くことがますます楽しくなってきます。

この、ブログという資産。
その価値を高めるためには、「投資」をしなければなりません

自分の知識、技能を高めるために、自分に投資をする。
そしてより多くの経験をする。
そうすることで、この記事の質が高まる。

ブログという資産の価値を高めるためには、言うまでもなく自分に対して「投資」をすることが大事なのです。
大動脈解離を再発させない。そのために行う自分への投資は、このブログの資産価値を高めることにもつながります。

このブログは、書いている自分にとっての資産のみならず、読んでくれる人の資産でもあります。。
この価値を上げていくために、自分へしっかりと投資し、より良質な記事を書いていきたい。
そう決意した次第です。

More from my site

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です