睡眠不足が生産性を下げる。それを避けるためにやるべきこととは?

投稿者: | 2017年8月5日

睡眠不足が生産性を下げる。
このことはいわれて久しい問題。
一説によれば、睡眠不足による日本の経済的損失は、年間1380億ドル。
約15兆円にものぼるとのこと。
人ごとではない問題です。

今週は、睡眠が足りていない、と感じる一週間でした。
睡眠時間自体が短い日が多かったことと、お酒を飲んだ日の睡眠の質が極めて悪いことが重なったために起こったことです。
睡眠不足の状態になると、集中力が続かない、常に疲労感を感じる、やる気が沸き起こってこない、といった弊害が出てきます。
この状態を避けるため自己管理が必要になってくるわけですが、それがどうにもうまくいかない一週間でした。

こんなことは、生きている中でよくあること。
この週末でしっかりと調整しようと思います。
今日土曜日の目標は、とにかく身体を休めること。たっぷり寝ること。
その目標はクリアされました。

溜め寝、については賛否両論あるようです。
ただ、睡眠不足の時には、身体の反応に身を任せるべき、というのが持論です。
目覚ましをかけず、身体が起きたいと思う時に起きる、というのも大事なことだと感じます。

本来であれば、毎日規則正しく生活することが理想なのですが、それだと人生楽しくない。
不摂生があれば、その不摂生取り返すべく節制する。
そうやってバランスを取っていくことがベターだし、現実的だと思います。

今日1日、しっかりと身体を休めることに専念したいと思います。

More from my site

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です