自分はどこまで生きられるんだろう?

投稿者: | 2018年3月13日

ふと思います。
自分はどこまで生きられるんだろう?

大動脈解離という病気を持ちました。
手術して、大動脈は人工血管に置き換えられ、大動脈弁には機械弁が植えられました。
この状態は、健常の人とはやはり違います。
どこまで耐えうるのだろう?
ささやかな疑問が心に浮かびます。

5年生存率は60%、10年生存率は40%。
大動脈解離患者の行く末を表す臨床データです。
かなり気が重くなる数値です。

今の自分は元気。
多分、メタボリックな中年男性よりも健康だと自負する自分がいます。
じゃあ、自分の行く末はどうなのだろう?
常に消えては浮かぶ漠然とした不安感。モヤモヤ感。

この問題は、いくら考えても答えはありません。
多分、自分の場合は大丈夫。
根拠は無いのですが、なんとなく自信があります。
それでいいのだ、と自分を言い聞かせます。

不安感に押しつぶされる人生より、希望ある晴れやかな人生を選びたい。
自分は大丈夫。
絶対に再発は起こらない。
そう思いながら生きていく。

今日は本当に暖かい一日。
コートを着ずに通勤ウォーキングを楽しみました。
気持ちいいの一言。
1日1日を楽しく過ごしたい。
そう決意した春の1日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です