身体にこたえる暑さには気をつけたい。熱中症と大動脈解離の切っても切れない関係とは?

投稿者: | 2017年7月31日

今日はかなり身体にこたえる暑さでした。
ここ東京では、久しぶりに真夏の太陽が顔を出しました。
その日射しを浴びていると、なんとなくクラクラする感じがします。
熱中症というわけではないですが、身体が悲鳴を上げているのが分かります。
疲労感を感じ、外での仕事も早々に切り上げ帰社することにしました。

大動脈解離の既往歴を持つ私としては、熱中症はやはり避けたいものです。
そこには、熱中症と大動脈解離の間に無視できない関係性があるからです。

大動脈解離の既往歴のある方は、高血圧を避けるために減塩を意識されている方が多いです。
そんな方が、この暑さで大量の汗を掻くと、ナトリウムも同時に排出されます。
「低ナトリウム血症」という症状が引き起こされやすくなります。
低ナトリウム血症は、頭痛や倦怠感、疲労感、嘔吐を主訴とし、ひどい時には痙攣や昏睡を引き起こします。

また、大量の汗を掻くことで、体内の水分が失われ血液がドロドロの状態になります。
ドロドロ血液は脳梗塞、心筋梗塞のリスクを高めることにつながります。
さらに、ドロドロ血液は血管を流れにくくなるので、身体は自然と血圧を上げる方向に向かいます。
大動脈解離患者がもっとも避けたい高血圧の状態を作り出すことになるのです。

やはり、汗のかき過ぎは身体には良くないようです。
それを避けるためには、こまめな水分補給、バランスの良い食事、いつもより少し多めに塩分を取る、などの対策が必要となります。

熱中症にかかると、大動脈解離の既往歴をもつ方々には非常に厳しい状況に追い込まれる可能性が高いです。
無理はしない、このことが大事になってきます。
熱中症と大動脈解離の切っても切れない関係。
このことをしっかりとアタマに入れて、この夏を乗り切りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です