迷いのあった上段の構え。左こぶしの角度と位置でヒントをつかんだ。

投稿者: | 2017年5月20日

今日は定例の剣道の稽古。
気温の上昇とともに、かく汗の量もうなぎ登り。
身体もよく動き、運動には本当にいい季節になりました。

今日の稽古のテーマは、上段の構えでの、両こぶしの位置の修正。
今までは構えを大きく見せようとして、左こぶしを引き、右拳をさらに上にあげることで竹刀を立てていました。
こうすると確かに構えは大きく見えますが、スムーズに技が出ない感じが拭えませんでした。

さらに、左こぶしが頭に近い位置にありすぎるため、相手からの左小手に対しての抜き技が出しにくかったのです。
構えを大きく見せようと意識しすぎた結果として、上段の構えに迷いが生じていたのです。
そのため、相手に間合いを詰められ、それを嫌がるようにして下がってしまいます。
悪循環でした。

そこで、今日は上段の構えに修正を加えました。
左こぶしの尻を相手に向け、さらに位置をより相手に近いところまで下ろしました。
そうすると自然と右こぶしも前に出るので、竹刀が寝ないように右こぶしの位置を気持ち上に持っていくことにしました。

このこぶしの位置にすることで、竹刀の動きの自由度が増し、こちらからの技も出しやすく、相手からの技に対しても抜き技などの対処がしやすくなりました。小手抜き面が何本かきれいに決まりました。
さらに、相手の動きがよく見えるようになり、圧力もかけやすくなったような気がします。

まだヒントを掴みかけた段階。
これからも稽古を積み重ね、この感覚を磨き上げていきたいと思います。

稽古後にお風呂に入ってさらに汗をかき、カラカラの身体にお酒を満たします。
不健康ですがこれが最高に気持ちいい。
週末のささやかな楽しみの一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です