過去を悔やむことの無意味さ。

投稿者: | 2017年10月17日

過去に自分がやったことは二度と変えられません。
そこを悔やんだって、何も変わることはありません。
タイムマシンがあるのなら、何か間違いや失敗があったら変えられるかもしれません。

でも、どんなに頑張ったって過去は変えられない。
それが運命。
その行為から始まった事実は受け入れざるを得ません。

変えられるものは変えられますが、変えられないものは変えられない。
この事実をしっかり受け入れたいと思います。

人生ってなかなかうまくいかないもんだな、と痛感した一日でした。
この浮き沈みもまた人生の扉。

人生の扉は開いたり開かなかったり。
開かないときにどう振る舞うか?
これもまた人生です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です