長年悩まされたアテロームを除去。悩みの原因をつぶしていくことで幸せを得よう。

投稿者: | 2017年2月23日

大動脈解離で定期的に通院し始めて思ったことがあります。
今のうちに、身体の悪いところは徹底的に治療しておこうという気持ちです。
幸いにも、大動脈解離以外で内臓的に悪いところはありませんでしたが、ひとつ気がかりなところがありました。
左の乳首の上あたりに、アテロームがあることでした。

アテロームとは、皮膚の下にできたふくろに老廃物がたまり、放っておくと巨大化していく良性腫瘍です。
さらにそれが炎症を起こすと、化膿して膿とともに老廃物がだらだら出てきます。
それで一度はおさまるのですが、その後しばらくすると、また巨大化と炎症を繰り返す厄介な皮膚疾患です。
手術しない限り治りません。
10年くらい、このアテロームに悩まされていました。
これを一気にやっつけてしまおうと思い立ちました。

心臓外科の主治医に相談したら、快く紹介状を書いてもらえました。
同じ病院の皮膚科を受診。
数回の検査の後、手術で取り除くことが決まりました。
ワーファリンを服用しているので、出血リスクの問題はありましたが、心臓外科の主治医からも出血の極めて少ない手術なので問題なし、との回答をもらいました。

年二回目の手術です。
今回は、徒歩で手術室に入ります。
手術室は、コンクリートに囲まれた、ちょっと冷たい独特の雰囲気があります。
若干の恐怖心を覚えます。
手術には皮膚科の主治医とともに、若手の女性研修医も一緒に立ち会っていました。
局所麻酔。意識はハッキリ。胸にメスが入ります。
痛みというより、何か虫のようなものが患部を這っているような違和感。
そんな手術も30分あまりで終了。
取り除いた腫瘍を見せてもらいましたが、ピンポン玉くらいあってかなりデカかったです。
念のため悪性でないか検査に回します、とのこと。
長い間悩まされたアテロームは、きれいさっぱりいなくなりました。
達成感というか、満足感というか、幸せな気持ちになったのを覚えています。

人それぞれ、色んな悩みや心配事を抱えています。
それらを抱えていくのもまた人生ですが、取り除けるものなら早い段階で取り除いたほうがいい。
豊かな人生を送るために、積極的に人生のマイナス要素を取り除きましょう。
人生は一度きりです。
楽しんだほうが勝ちです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です