隅田川河畔でビール。行き交う人々からエネルギーをもらう。

投稿者: | 2017年6月24日

気温28度。
天気は晴れ、時々薄曇り。
湿度は若干高めかもしれないが、不快感は感じない。
木陰に入ると風が爽やかに吹き抜けて、なんとも心地よいです。

そんな中、隅田川の河畔に腰掛けて、缶ビールを一杯。
最高にリラックスできる瞬間でもあります。
ここは浅草。毎日がお祭りのよう。

行き交う人々を眺めていると、浴衣や着物を着ている人がとても多く感じられます。
日本人だけでなく外国人も、それらを羽織っている人を多く見かけるようになりました。
浴衣や着物のレンタル事業が最近流行っているようです。

そのサービス内容を調べてみると、浴衣や着物の種類にもよりますが、4000円くらいからの価格帯が多いようです。
決して安いということではありませんが、モノへの消費だけでなく、コトへの消費が根強く伸びていることを感じ取ることができます。

浅草では、人力車サービスも人気です。
雷門周辺の散策15分程度のサービスのようです。
これらの価格帯は、一人2000円から3000円が相場のよう。
これも決して安いサービスではないですが、繁盛しているようにみえます。明らかなコト消費ですね。

いずれにしても、それらのサービスを受けている人々の顔は楽しそう。
観光地である浅草には、いつもいいエネルギーが満ちあふれています。
それらの中に身を置くだけで、このエネルギーをもらうことができます。
それだけでいいリフレッシュになります。

 

More from my site

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です