投稿者「名島剣士」のアーカイブ

生き抜く力

都心の高層ビル。 その屋上テラスにあるベンチ。 そこに腰かけていると、小さなアリん子たちが這い回っているのを見かけました。   暑いくらいの陽気。 そのアリん子たちの元気な姿を見て、季節が一歩一歩夏へと向かっているのを実… 続きを読む »

最高の夜

    ちょっと前の話です。   かなり酔っ払って帰宅。 そのまま、リビングのソファで寝込んでしまいました。   どれくらい寝込んでしまったのだろう。   深夜、ふと息子が自分の膝を叩く。   こんなとこで寝ずにベッドで… 続きを読む »

マルファン症候群

  若年性の大動脈解離では、マルファン症候群との関連がまず疑われます。 マルファン症候群とは、体の細胞と細胞をくっ付ける結合組織が脆く、細胞の弾力性が低下して様々な身体症状を起こしてしまう遺伝子の病気です。   高身長、… 続きを読む »

内出血

    大動脈弁を機械弁に置き換えてから、ワーファリンを服用するようになりました。 機械弁があると、生体はそれを異物と認識して、血栓を作りやすくなります。 そのため、血液を固まりにくくするワーファリンを飲み続けなければな… 続きを読む »

見えない数字

  新型コロナウイルス。 日々更新される感染者数、死者数。 この数字が持つリアルさ。衝撃の大きさ。 それによって、世界の人々の日常は大きく変わってしまいました。   その一方で、このウイルスがなければ助かった命はどのくら… 続きを読む »

生命保険

  大動脈解離の既往歴があると、生命保険へ加入することが困難になります。 残念なことですが、これは厳然たる事実です。 受け入れなければなりません。   住宅ローンもそう。 銀行でローンを組もうと思ったら、団体信用保険への… 続きを読む »

8年3ヶ月が経って

  2012年1月。 仕事での立食パーティー中に急性大動脈解離を発症。 失神してその場に倒れ込みました。   すぐに到着した救急隊員によって近くの大学病院へと搬送。 そして緊急手術。 私の大動脈弁は人工弁に、上行大動脈は… 続きを読む »

無いこと

  2ヶ月ぶりの病院。   本日の検診結果も「変化無し」   無いことに対する安堵、安心、幸福感。     あれから7年半。     無いこと、の本質的な意味。   経過する時間とともに深まっていくんだろうな。    

走り初め

  ランニング。   暑かったり。 心身が疲れていたり。   走りたくない理由が、たまに頭をよぎります。 でも、1キロだけでも走っておこうか。   走り始めると、だんだんと調子が出てくる。 5キロ、6キロ、7キロ。 吹き… 続きを読む »

隅田川河畔

令和元年。8月5日。23時ちょうど。晴れ。 ちぎれ雲の狭間から見える星が、いつもよりいっそう輝いて見えます。 隅田川の河畔。 昼間の熱気は影を潜め、頰を撫でるそよ風がここちいい。 その幸せ。その素晴らしさ。 それだけで十… 続きを読む »

目の前の交通事故は偶然か?

先日、仕事を終えて、会社から自宅へ自動車を走らせていました。自宅近く、片側一車線の生活道路。私の直前を走る普通乗用車が、突然センターラインを超えて逆走を始めました。前方から走ってきた自転車をはね、対向車線側のガードレール… 続きを読む »

大動脈解離のことを語ること

急性大動脈解離を発症してから、もうすぐ7年が経とうとしています。 あれ以来、心臓や血管に関してはほぼ問題なく、健康的な毎日を過ごしています。 仕事でもプライベートでも、自分の病気のことを知っている人は少数派になってきまし… 続きを読む »

深いやすらぎを得るために

やるべきこと、やらなくてはいけないことを一生懸命やる。 毎日の生活の中で、それらのノルマを達成させる。 そうすると、1日が終わった時、深いやすらぎに酔いしれることができます。 めんどくさい。気が乗らない。疲れた。 それら… 続きを読む »

リズムを感じること

  心臓の鼓動。   時に早まったり。 高鳴りを覚えたり。 激しくドキドキしたり。 感情によってかき乱されたりすることもしばしば。 それでもなお、この鼓動は決して止まることなく、リズムを刻み続けていま… 続きを読む »

ジャストサイズに出会うこと

  服を買う時にいつも苦労します。 身長189センチ。体重78キロ。 細長い体型。 この日本では、既製品でジャストサイズの服に出会うことがなかなかできません。   以前は大きいサイズの専門店に行ってい… 続きを読む »

子供の誕生日を前に思うこと

スマホで管理している日々のスケジュール。 そのカレンダーに、赤文字で「誕生日」の文字。 そう、明日は長男の14回目の誕生日。   子供は日を追うように成長していきます。 特に長男は、竹の子のようにニョキニョキ身… 続きを読む »