ビジネス」カテゴリーアーカイブ

チェーン調剤薬局の「シー・アール・メディカル」が不正請求。調剤薬局業界の信頼を損なう由々しき事態。

東海地方を中心に調剤薬局を運営する「シー・アール・メディカル」(名古屋市)の元幹部が、診察を受けていない従業員らの処方箋を医師に交付させ、自社運営の薬局で、健康保険を使って医薬品を不正に購入させていたことがわかりました。… 続きを読む »

常識と非常識がぶつかった時にイノベーションが産まれる。裸足で街を歩く若者を見て考えたこと。

今日、東京浅草の近くを散歩していた時のことです。 白人の若い男性が、裸足で街を歩いているのを見かけました。 着ている服装も含めて、ホームレスではないのは明らか。 どこにでもいそうな、清潔感のある若者です。 自信を持って街… 続きを読む »

アセトアミノフェンの原薬メーカー山本化学工業が不正。許しがたい行為に憤りを覚える。

解熱鎮痛剤アセトアミノフェンの原薬製造で国内最大手の山本化学工業が、許しがたい不正を働いていたことが判明しました。 自社で製造したアセトアミノフェンに、中国製の安価なアセトアミノフェンを無届けで混ぜて生産量を水増しし、製… 続きを読む »

降圧薬ミカルディスの後発品(ジェネリック)が発売。このジェネリック医薬品の普及が意味することとは?

一般的にはあまり知られることはないのですが、高血圧治療剤の「ミカルディス」の後発医薬品(ジェネリック医薬品)が6月16日に発売されました。 ミカルディスは、その成分が含まれる合剤を含めると、日本だけで1,000億円近い売… 続きを読む »

「ホンモノ」が生き残る世の中であって欲しい。薬価差益が生む罪悪を知ること。院外処方と院内処方の違いをみて思うこと。

日本には調剤薬局と呼ばれる業態が5万8000軒ほどあるとのこと。 コンビニエンスストアを凌ぐほどの軒数になっています。 我々一般人が患者として医療機関にかかると、薬の処方箋が発行されます。 時には、「院内処方」と言われる… 続きを読む »